占い、歴史、宗教などの研究をしています。

古代日本の暦について

古代日本の暦についてはほとんど何もわかっていませんが、ホツマツタエではいくつかの主要な暦が記述されています。一つはスズ暦、そしてスズ暦の後を継ぐアスス暦、そしてこれらと併用して使用されているキアエ暦です。スズ暦については今一つはっきりしませんが、51スズまであるようです。これはウガヤフキアエズの51代と対応しているのではないかと考えています。アスス暦は365日で2年の2倍暦を採用しています。キアエ暦は干支と似ていて、干支に対応する60個の年号が循環します。アスス1年を「キアエ」とし、アスス2年が「キアト」、3年が「ツミエ」・・・、59年が「ネウエ」、60年が「ネウト」、61年が「キアエ」です。しかしこれも2倍暦なため実質30年で一周りするところが特徴です。

ホツマツタエにおける最後の年はアスス暦843年です。ではこのアスス暦を365日で1年に換算し直し、それを西暦に当てはめれば古代の年表がかんたんにできるのでは、と思うのですがそれがそう単純ではありません。ホツマツタエにおいても古代の人物やその業績、さらに年代までもが改ざんされており、当てはめるにもどこを基準にすべきなのか、正しい部分と改ざんされた部分はどのあたりなのか、などなど色々と考慮すべき点があり、それらを整理してまとめるときにどうしても恣意的になってしまいます。とはいえある程度しっかりした年表が作成されることは歴史研究においても、日本人の心理的な面においても重要な事だと考えます。

この度、神武天皇について整理したのをきっかけに再度古代の年代を見直してみました。私がどのように年代を求めているのか、その基点の根拠はなにかなどを少しまとめておきたいと思いました。

アスス暦

アスス暦は843年あるわけなので、2倍だとすれば421年ほどの歴史が記述されていると考えられます。しかしアスス暦も途中でおかしくなっており、特に700年を過ぎたあたりから重複や引き伸ばしなどが見られ、暦としての機能を果たせなくなっているように読み取れます。ちょうど空白の4世紀に差し掛かるあたりであり、この時期の混乱した様子が感じ取れます。なのでその終盤の100年ほどは置いておいて、比較的正確だと思われる部分を解析し、西暦に当てはめたいと思います。一人の人物の記述から基点となる年代を求めることができます。魏志倭人伝にも記述がある「トヨ」です。

豊鍬入姫命(トヨ)

魏志倭人伝は中国の書ですが、私達日本人ですら古代日本史の年代や出来事を探るのに中国の書を頼りにしてしまいます。日本書紀に卑弥呼やトヨがいなくても、魏志倭人伝に書いてあるので実在しただろうと考えてしまいます。トヨ(壹與、台与)は女王卑弥呼が死亡した後、男王を立てたが戦乱が収まらず、13歳で立てられた、とされている女性です。日本書紀での豊鍬入姫命のことだと思います。13歳とありますが、これも2倍暦なので数え6歳のことです。

ではこの13歳で立てられた、というのが何年のことなのかですが、ホツマツタエではアスス624年、豊鍬入姫命に天照大神を祀らせた、とあります。その翌年アスス625年、疫病が発生し、更に翌年のアスス626年、民が四散したとあります。そしてこの歳天照大神の宮を移動したようです。並べると以下のようになります。

日本書紀ではどう記述されているかというと、崇神5年に疫病発生、崇神6年に民が四散、豊鍬入姫命に天照大神を祀らせる(先に宮内に天照大神と倭大国魂を祀っていた)、となっています。なので崇神5年がアスス625年に対応し、崇神6年がアスス626年に対応するようです。ですがこれだけではまだ年代の基点を求めることはできません。

これより下ってアスス710年、倭姫が11歳で御杖代となります。翌年アスス711年、倭姫は斎野(飯の宮)にいたり、豊鍬入姫命に仕えます。そしてその3年後のアスス714年、豊鍬入姫命は103歳で斎宮を倭姫に譲り、宮を伊勢に移します。倭姫が斎宮になったのはアスス713年とも読み取れますが、714年のほうが正しいと思います。

では714年から90を引けば豊鍬入姫命の13歳が624年であることがわかります。上記のアスス624年が豊鍬入姫命13歳となります。崇神4年のことです。アスス624年崇神4年が魏志倭人伝における「卑弥呼が死んで男王を立てたが収まらずトヨを立てた年」となります。

アスス暦から西暦を出す計算式

魏志倭人伝では正始8年(247年)倭国は狗奴国と紛争状態にあったとあります。そしてこの頃卑弥呼が死亡し塚を建てたとあります。そして男王が立てられたが人々は服さず、トヨを立てて国が治まった、ということです。崇神1年はアスス621年であり、これが西暦248年とすれば以下のようになります。

つまりアスス621年が西暦248年であり、アスス暦から西暦を出す計算式は、

(アスス暦-125)÷2

ということです。621-125=496、496÷2=248です。倭姫に斎宮を継いだアスス714年は、714-125=589、589÷2=294.5で294年となります。

紀元前は少し手を加えて127を引きます。なぜなら紀元0年がないからです。紀元前3、前2、前1、紀元1、紀元2…となるので単純な引き算だと1年ずれます。アスス87年は87-127=-40、-40÷2=-20で紀元前20年となります。アスス元年はと言うと1-127=-126、-126÷2=-63で紀元前63年となります。(アスス暦-125)÷2で計算しマイナスなら更に1を引いても良いです。

欠史八代の年表

では上の式をもとにして欠史八代の年表を作成したいと思います。アスス暦は最初100年ほどと最後100年ほどが混乱していますが、中間はしっかりしているように感じます。欠史八代にしても微妙なズレはあるかと思いますが、概ねこれを基準にして考えていいのかと思います。

欠史八代年表
欠史八代年表

上の表はホツマツタエにあるアスス暦をもとに西暦換算した欠史八代の年表です。即位時の年齢と崩御時の年齢を書いてあります。日本書紀にある享年とも一致している部分が多いです。
少し不自然だな、と思うところは孝安天皇と孝霊天皇の部分でしょうか。倭国王帥升という人物は107年に漢へ使者を送っています。ここだと孝安天皇の治世とかぶりますが、では帥升が孝安天皇なのかというとそれは断定できません。
孝霊天皇については後に詳しく書きたいのですが、この治世のときに倭国大乱がありました。180年前後のことで高地性集落や銅鐸の消滅と深い関係があると思います。新羅の王子天日矛、孝霊天皇の皇女とされる倭迹迹日百襲媛命などの人物が活躍する時代です。

以上古代日本の暦について解説しました。この時期は欠史八代と言われている通り、それぞれの天皇が何をしたのかあまりよくわかりません。もしかしたらある程度平和な時代が続いたのかもしれません。しかし倭国大乱があったのは事実のようであり、孝霊天皇即位の150年頃にも戦乱があったようです。さらに遡れば紀元10年~20年の間、綏靖天皇の治世にも大きな戦乱があったと考えています。ではそれらの詳細はわからないのかというと、どうも日本書紀には全く違う年代として書かれていているように感じています。180年頃の倭国大乱は崇神60年の出雲振根の話として、150年頃の戦乱は垂仁4年の狭穂彦の反乱として、10年~20年ころの戦乱は崇神10年の武埴安彦の反乱としてです。これらを重ねてみることで欠史八代もある程度再構築できるのではないかと考えています。

上へ