占い、歴史、宗教などの研究をしています。

垂仁天皇と景行天皇

日本書紀について

日本書紀
日本書紀

日本書紀は日本最古の正史とされる歴史書です。奈良時代養老4年(720年)に完成しました。重要な歴史書なのですが、日本人はほとんど読まない本でもあります。一度は目を通したことはあっても、物語としても中途半端ですし、天皇の年齢や在位が明らかにおかしいので歴史書として見るのも苦しいです。また戦前は国家神道の影響で強制的に学ばされたこともあり、戦後は研究者以外はあまり触れない本となってしまいました。私も本棚にはあったもののほとんど読まないでいました。ただ奈良時代藤原不比等が手がけた書でもあるので何か隠されているなとも感じていました。

最近歴史についてある程度自分の考えが整理されてきたこともあり、少し腰を据えて日本書紀を読み直してみました。すると乱雑に思えた記述や年代がある意図をもって書かれていることに気がつき、隠された歴史の一端に触れることが出来るようになりました。空白の4世紀と言われる時代、そして伝説の人物ヤマトタケルの実像が鮮やかに浮かび上がってきました。

空白の4世紀、そしてヤマトタケルに触れる前に、まずは垂仁天皇景行天皇について見ていく必要があります。予備知識が必要なこともあり複雑でわかりにくい点もあるかと思いますが、できるだけわかりやすく解説していきたいと思います。

垂仁天皇(在位282~292)

垂仁天皇には謎が多く、もともとは九州に居たものだと考えます。崇神天皇との血のつながりもないと思います。イクメイリヒコとあるように九州の久留米あたり、伊都国の出身だと思います。

当時九州北部はいくつかの弥生人の国家があり、緩やかな連合国家を作っていたようです。しかし後漢の滅亡から東アジアの情勢が混沌としてきており、対外的な危機を感じていたのだと思います。そのような時代背景の中で垂仁天皇はひとまず東日本、東北の勢力と手を結び外来の勢力と対抗できる体制を作ろうと考えたのだと思います。

軍勢を率いて近畿へ向かいます。そして天日矛の子孫タジマモリを東日本の荒吐族との和解の使として派遣します。しかしタジマモリが帰国する前に垂仁天皇は殺されてしまいます。292年のことです。

景行天皇(在位293~310)

景行天皇はおそらく馬韓からの渡来人、もしくはその子孫です。海を超えて山口県を拠点にします。景行天皇はオオタラシヒコオシロワケと言います。タラシヒコというのは馬韓(百済)と関係があるようです。時代は下って34代舒明天皇にもタラシヒコがついていますが、舒明天皇は百済と繋がりが深い人物です。イツツヒコ王国との関連も感じます。

283年山口県から九州へ侵攻を開始します。これは垂仁天皇の動きと連動したものなのかは不明です。7年ほどで九州全土を平定します。290年に近畿へ入り一時垂仁に服属します。しかしすぐに謀反を起こし自ら天皇になります。ヤマトタケルの父とされています。奈良県を拠点とし306年には上総国(千葉県)へと巡幸します。死亡は310年。子供が80人いたようです。

年表

崇神崩御から出来事を書いていきます。ここで重要なのは垂仁天皇と景行天皇が並行して活動しているということです。なので出来事の順番が混同しています。年代については別記の古墳時代年表データを参考にしてください。

年表
西暦 出来事 備考
281年 崇神天皇死亡 崇神天皇は大和で死亡したと考えます。
282年 垂仁天皇即位 崇神天皇から垂仁天皇への皇位の継承は自然なものではないと思います。入れ替わりに近畿で大きな勢力を持っていたのがこの二人だということでしょう。万世一系のため年代はつながっています。
283年 狭穂彦の反乱
熊襲の反乱
この出来事は景行12年の熊襲の反乱とかぶります。混乱に乗じ景行天皇が山口県から西征し九州北部を侵略していきます。
284年
~290年
景行日向の高屋宮を拠点とする 景行天皇はここを拠点とし九州南部、熊襲、隼人などを征服していきます。その一部はこの時船で関東へ逃れます。
285年 野見宿禰の相撲の話 東日流外三郡誌にも記されています。相撲の起源でもあります。当時は何でもありの格闘技だったと思います。刺激の強い見世物で当時の退廃した空気を感じます。
286年 但馬の神宝を見せてもらう 新羅の国からもたらされた但馬の神宝。また別に崇神60年には出雲の神宝事件があります。「神宝を見る」というのはその国を滅ぼしたということだと思います。
287年 垂仁天皇タジマモリを東国へ遣わす タジマモリは新羅王子天日槍の5世孫。天日槍は150年ころ、孝霊天皇などと同世代の人物だと思います。タジマモリは東日本、荒吐族との講和の使です。垂仁天皇の信頼厚い人物だったと思われます。5年後帰国しますがすでに垂仁天皇は亡くなっていました。
290年 景行天皇大和へ 景行天皇は九州一体を平定し、次は大和へ向かいます。現在の和歌山市に滞在。一時垂仁天皇に服属します。
292年 景行天皇謀反
垂仁天皇死亡
日本書紀の武烈記の前半部分がこの時の記述だと思われます。平群真鳥は九州西征帰還後の景行の記述。平群真鳥の子、鮪はオオウスのことだと思います。鮪は影媛と通じていました。影媛は武内宿禰の母と同じ名前。太子が鮪を殺す場面が垂仁を討った謀反の記述と思われます。
293年 景行天皇即位 近畿一体も勢力下におきます。
293年 ヤマトタケル誕生 小碓、日本武尊とも書かれる。武内宿禰でもある。ヤマトタケルが一般的なのでそう書きます。
294年 倭姫2代目斎宮に 豊鍬入姫から天照を離し倭姫に付け伊勢に祀らせる。豊鍬入姫は51歳、倭姫は5歳。豊鍬入姫は倭姫の伯母となる。これは垂仁記にありますが、景行天皇の治世です。同じ渡来人の王である崇神天皇の行為に習ったのでしょう。
294年 景行天皇美濃へ。帰還後纒向に滞在。 この時ヤマトタケルの兄大碓(オオウス)は生後1年で美濃へ。兄遠子、弟遠子が美人なので住み着いたとあります。後年ヤマトタケルと争った兄はこの人物でこの時すでに青年になっていたと思われます。つまり景行天皇はオオウスと共に美濃へ行き、オオウスがその地に残ったのだと思います。
306年 景行天皇上総国巡幸。帰還後伊勢綺宮に滞在。 この時の上総国巡幸でヤマトタケルも同行したと思われます。14歳。九州南部の勢力は先の戦争後船で関東へ逃れています。上総国での景行と熊襲隼人などの争いがヤマトタケルの熊襲討伐物語の下地になったかと思われます。
308年 ヤマトタケル東征 この時16歳。今で言えば高校1年生。無謀な気がします。
309年 ヤマトタケル帰還し尾張滞在 この時17歳。尾張で宮簀姫を妻に。宮簀姫はヤマトタケルが東征へ向かうときに出会っていて結婚を約束していたようです。尾張でしばらく滞在しています。
310年 ヤマトタケル死亡 この時18歳。草薙の剣を置いて伊吹山へ。病にかかり三重県能褒野で死亡し白鳥になる。奈良県琴弾原、大阪府古市邑と降り立つ。

まとめ

ここまで垂仁天皇や景行天皇の活躍する古墳時代の初期を簡単に見てきました。後漢が滅び東アジアの秩序が乱れ、崇神天皇、景行天皇などの勢力が拡大していきます。西日本の弥生人の国家はその危機感から東日本、東北と手を結ぼうと模索します。しかしそれも叶わず弥生人の国家は次々と滅んでいきます。景行天皇はさらに東へと勢力の拡大を目論みます。そこで若干16歳(満15歳)のヤマトタケルを東征へと向かわせます。東日本の各地にヤマトタケル東征の痕跡を探すことができます。一定の成果をあげ帰途についたヤマトタケルですが、帰国間近で病に倒れてしまいます。数え18歳、能褒野で力尽き白鳥になったとされています。

以上記紀の年代との相違はありますが、2倍暦などを計算に入れて読み直すとこのような歴史の流れが見えてきました。しかし310年にヤマトタケルは死亡してはいません。さらに日本書紀を解読することでその後の歴史、いわゆる空白の4世紀が明らかになっていきます。

上へ