占い、歴史、宗教などの研究をしています。

神道

憲法改正と靖国神社

先日解散総選挙があり、結果自民党が勝利し多くの議席を得ました。そこで長年の大きな課題である憲法改正についてもより現実味が帯びてきた感があります。憲法九条と自衛隊の問題です。この前家族とこのことについて話をしていて少し考えることがありました。

憲法九条は平和条文であり「戦力を保持しない」と明言しています。しかし自衛隊はどう見ても戦力であり、ここに文章と現実の矛盾があります。こういった矛盾は放置していると問題があり、文章にはこう書いてあるが解釈の仕方で適法である、ということがまかり通ってしまいます。憲法ですらこの状態だともっと細かな法律、条令などでも似たようなことがおきてしまい、いったい法律とは何なのか、恣意的に解釈できるのならあってもなくても同じではないか、ということになってしまいます。これでは法治国家と呼べるものではなくなり、さらに日本語、日本文化の危機でもあります。そしてこれを改正する責任があるのは国会であり、これは早急に実現すべきことだと私も考えています。

では「九条を守れ」と言っている勢力はどういった心境なのでしょうか。改憲に反対する勢力は少数ではなく、またある意味わかりやすいテーマでもあるので選挙などではこれをスローガンに票を集めることができます。「憲法を守る」ということであれば、「陸海空、その他の戦力を保持しない」ということでもあり、自衛隊はなくなってしまいます。世界平和のためにまずは自ら武器を放棄する、というのは理想的な話ではありますが、現実問題はやはりある程度自衛のために軍隊を持つことは必要でしょう。ではこの九条と現実が矛盾した状態を引き延ばすのか、というと護憲勢力もそれはやはり是正すべきだと考えているのかもしれません。しかし九条の歯止めがなくなったらまた戦前のような、国家神道で天皇を神とあがめ国防のために一億玉砕、などといった国家に戻ってしまうのではないか、それを危惧しているのでしょう。確かに先の戦争では自国のみならず他国にも多大な損害を与え、神風特攻隊など正気ではない戦法も採用され、もし軍が本来の立場を取り戻したらもう一度あのようなことになってしまうのではないか、そういった懸念、危惧を護憲勢力は感じているのでしょう。これは戦争を体験した世代を中心に、戦後生まれた世代も含めて国民共通の感情でもあります。

「力を与えすぎると権力、軍は暴走する」というのは私は良くない考え方だと思います。権力や軍隊であっても最終的に判断を下すのは人間です。暴走を前提とするのは人間の良心を疑っているのと同じだと思うからです。暴走を食い止めるように様々な制度を設けるのは必要なことでしょうが、それでもその制度を運用するのも人間であることには変わりません。本当に悪意があれば、どんな厳重なセキュリティでも意味をなさないでしょう。それよりも運用する人間の良心を信じる、そういった信頼関係を築くというのが本当の意味で最良のセキュリティとなります。

では自民党や改憲勢力の良心を信じられるのか、というと、彼らはいまだに特攻隊員を英霊とする靖国神社などに参拝し、先の戦争を正当化できると考えているようにも感じられます。多大な戦禍ををもたらし、特攻などという正気を失った戦法で若者の命を犠牲にし、補給や人命を軽んじ大勢の人間を死に追いやったあの戦争の象徴である靖国神社に参拝を続けているのです。これは誤ったことであり、であるのなら護憲勢力の掲げる「力を与えすぎると権力、軍は暴走する」という主張が正しく思えてきます。靖国神社がいけないのです。

神道を語る責務

靖国神社は明治維新で創建された歴史の浅い神社です。そもそも神社というのが本格的に隆盛したのは古墳時代だと思われます。2000年近く長い歴史のある神道において、靖国神社は歴史もなく、明治政府が自身の権威付けのために創ったものにすぎません。神道は輪廻転生の考え方であり、御霊が眠る靖国神社というのはそもそもおかしく、本当に魂がまださまよっているのなら地縛霊と一緒で危険ですらあります。本来魂は霊界へ帰り、次の転生に備えるのです。

中国や韓国などが政治家の靖国神社参拝に神経をとがらせている原因はここにあります。先の戦争を正しい行いだと思っているのであれば正気ではなく、とはいえ問題はその信仰にのみあり、日本人の良心を信じているからこそ、2000年以上の長い間国際交流を続けてきた東アジアの平和的関係を信じているからこそそう忠告しているのでしょう。ではこれは何が問題なのか、日本の指導者たる政治家が靖国神社を参拝し続けるのが問題なのでしょうか。もしかしたら日本の宗教勢力がすべき責務を怠っているのが原因なのではないでしょうか。

となればこれは自分の問題でもあると思いました。霊的な真理をよく理解している人間でなければ神社などの霊的な施設を論じることは危険であり、判断を間違えれば国家をさらに悪い方向へ向かわせてしまうでしょう。また神社について知るには日本の歴史をより正確に理解しなければなりません。そして神道の後の仏教や儒教などの国際宗教の知識を持ち合わせていなければなりません。自分も微力ながら、神道と日本人の信仰について正しい道筋をつけられるようにさらに研究と発信を行っていきたいと思いました。気になったことがあればその都度書いていきます。

上へ